hinomarulamanchaのブログ

スペイン滞在24年

予感

みなさん、こんにちは~!!



みなさんが御存じのように

私は4階建てのアパートの2階に住んでます。


15年ほど前に

ちょうど私の家の上、3階に定年退職された夫婦が引っ越してきました。


老後は静かな村に住もうと思われていたらしいです。


ところが

10年くらい前、奥さんがアルツハイマー病と診断され

夫婦そろって老人ホームに入られました。


旦那さんの方は元気だったので

週に1回は

郵便物の整理やら家の風通しやらに帰ってきてました。


が、

去年の10月、意外にも旦那さんの方が先に逝かれました。


その2日後のお話し。


夜遅くまでテレビを見ていたら

私の頭の上で、誰もいないはずの上の家から

シャーー シャーー とスリッパを引きずって歩くような音がしました。


急に怖くなって寝室へ走っていきましたよ。


よく寝ていた夫をパンパンたたいて目を覚めさせ

このことを言うと、

「ねずみや。ねずみが運動会しとるんや。」

と、いつもの口調。



そして、つい最近のお話し。

朝、トイレに入って照明のスイッチを押すと

電球が点きません。


「あ~ぁ。たった2ヶ月で電球がきれたわ。」

と、ちょっとくやしい気分になりました。


その日の夜、トイレの中で

すっかり忘れていたその日の朝のことを思い出しました。

「あれ?照明が点いてるやん。」


しばらくして夫が仕事から帰ってきて、

「おい、おい、知ってるか? 上の奥さんが亡くなったんだって。」と言う。


これで2度目だ。


現在、上の家には亡くなった旦那さんの兄夫婦が住んでます。


一昨日の朝

「トイレの電球おかしいで。ホワンホワン明るなったり暗なったりしとるで」

と夫に言われて

なんか変にいやぁ~~な予感がしました。


照明には触らないで
そっとそのままにしておきたいです。



では、また~~~。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。